婚活は先手必勝だ。

先に動いたものが勝ち、後手に回ったものは負ける。

 

もちろん、これは絶対ではない。よほどの実力差があれば、後手でも勝てる可能性はある。

そうはいっても、先手が圧倒的に有利なのが、婚活だと言いたい。

 

将棋なら「後手でもちょっと勝率が下がる程度」らしいが、それは将棋が複雑なゲームだからだ。

婚活は、人類がずっとやってきた営みを短期間でやっているだけなので、単純な仕組みなのだ。

 

今日は自分の経験を交えつつ、婚活は2つの意味で先手必勝であることについてお話していきたい。

 

婚活は年齢との勝負

まずは、わかりやすい話からいこう。婚活は、年齢という時間との勝負だということだ。

ここでの「先手必勝」は、長い期間を見た時の先手必勝のことだと理解してほしい。

 

婚活では、40代から動いたものよりも、30代から動いたものの方が、有利だ。

同じように、30代から動いたものよりも、20代から動いたものの方が、有利なのが婚活だ。

 

男性でも女性でも独身であれば、年齢が高くなるほど、一人で生きた期間が長くなる。

こうなってしまうと、自分の「一人での」生き方が確立してしまうので、他の人をその生活に受け入れにくくなってくるのだ。

 

これは「自分として」困るだけではなく、婚活の相手も分かっている。

正直に言ってしまえば、「この年齢まで独身だってことは・・・」と思われてしまうということだ。

 

だから、自分自身が「一人で生きる」のに染まり切らないうちに、早く動くべきなのだ。

 

もう一つ、これは本人が痛いほどわかっているはずなので言うべきかどうかというのはあるが・・・

女性の婚活は、特に時間との勝負だ。

 

男性が女性と結婚したいと思う理由の一つが、容色だ。つまり可愛いとか、綺麗とか、そんなものだ。

言われるまでもないだろうが、これは年齢とともに衰えていくのが普通である。

 

さらに、男性が女性と結婚したいと思う理由でよくあるのが、「子供が欲しいから」だ。

これも言われるまでもないだろうが、年とともに子供は出来にくくなる。そして、障がい児が生まれやすくなることも、統計上の事実なのだ。

 

女性は容色と生殖機能、二つの面で時間の勝負であるというのが、事実だ。

 

婚活には競争相手がいる。相手に刀を抜かせるな

婚活をやっていると、相手から気に入られるかどうかの勝負のように思えてくるが、それは間違いだ。

あなたが勝負しているのは、相手に気がある同性である。

 

マッチングアプリでいえば、あなたが気になっている相手とメッセージをやり取りしている人全員が競争相手なのだ。

 

婚活の勝利条件は、「相手に気に入られること」ではない。

婚活の勝利条件は「相手に一番気に入られ、他の競争者が追い付けない位置まで行くこと」だ。

(「追いつけない位置」が結婚そのものなのか、お付き合いなのか、セックスなのかはお任せする)

 

実は、俺にも苦い思い出がある。

 

マッチングアプリで狙っていたMという女性がおり、会話も弾み、お互い写真交換までしており、デートの日程も決まっていた。お付き合いする気もあった。

しかしながら、ある日、Mは(デートの日程までに)別の男に告白され、お付き合いすることになった。

 

後日、俺のもとにはその報告と、謝罪メールだけが届いた、というわけだ。

 

俺はその時仕事が忙しく、デートの日程を引き延ばしてしまっていた。

客観的に言っても、俺の方が先に告白していれば・・・という状況だったと思う。

 

婚活に限らず、恋愛の基本ルールは早い者勝ちだ。先に斬りつけたほうが勝つ可能性が圧倒的に高い。

「1人の男性は1人の女性としか付き合えない」という前提であれば、必然的にそうなる。

 

そして、俺たちが求めているのは真面目なお付き合いであって、使っているのも出会い系ではなくマッチングアプリだ。

つまり、圧倒的に早い者勝ちな戦場で戦っているということだ。

 

婚活は先手必勝。相手に刀を抜かせるな。

今すぐ始めるあなたへのおすすめは、with(ウィズ)だ。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事