結婚前に、同棲をしてお互いの愛称を確かめておきたい、という人は意外と多いのではないだろうか?

正確には婚活時にしていたわけではないが、俺も過去に同棲をしたことがある。

 

その時の経験をもとに、今回は「婚活で結婚までに同棲するとこうなる」を男女別に書いていきたい。

 

婚活で結婚までに同棲するとこうなる:男性編

なんか「俺の婚活!マッチングアプリで真面目な出会い」というサイトタイトルなのに下品な話になるが、正直に言う。

 

男性が結婚する、というかお付き合いをする理由のうちの一つが、性欲だ。

というか、愛情自体が欲求で言うと性欲から発するとも言われているので、性欲があるから結婚やお付き合いがあり、子供が出来、人類自体が繁栄してきたとさえいえる。

 

で、性欲のミニ解説を入れたわけだが、これにより何が言いたいのか。

 

婚活において、結婚する前に同棲すると、当然セックスをすることになると思う。

それも、たまにするのではなく、かなりの高頻度ですることになるだろう。

 

正直に言ってしまうと、これは男性が結婚で得るメリット(のうちの大きな一部)を先取りしてしまっていることになる。

 

つまり、同棲してしまうと、男性が結婚するメリットが減ってしまうのだ。

結婚しなくても毎日のように抱けるということは、結婚のメリットは子供くらいしかない。(と、考える男性もいる)

 

そうなると、よほどの子供好きでもない限り、ここから一歩踏み込んで結婚しよう、と思う意欲は減退する。

要は、「同棲というのは、男性に結婚のご褒美を先にあげてしまうようなもの」だと思えばよいだろう。

 

婚活で結婚までに同棲するとこうなる:女性編

男性も夢見がちな生き物だと言われるが、女性も意外に夢見がちな生き物だ。

特に結婚の話題になると、女性のほうが夢見がちなのではないかと(個人的には)思う。

 

女性は、男性のように性欲に突き動かされている人は少ない。(たまにいるが)

だから、結婚前にお互いの相性を確かめる同棲は、女性側の結婚の意思を削ぐことはないと思うだろう。

 

しかし、実は女性も同棲すると結婚の意思が減る方向に向かうことが多いのだ。

もちろん、これは男性と同じ「性欲が満たされてしまうから」ではない。

 

それは、別々の人生を歩んできた以上、相性が完ぺきな人間などいないからだ。

女性が同棲をすると、理想の家庭生活とは全く別の現実を目にすることが多い

 

相手の良い面も見られるが、それはデートでも相手は意識して出してくる。

そうではなく、同棲では初めての「よそ行きではない相手」を見てしまうことになるため、「良い面も悪い面も分かる」ではなく、多くの場合には「悪い面が目に付く」ようになる。

 

この時、結婚していれば、容易にお別れすることなどできない。相手に悪い面があろうが、それがDVやモラハラなどの最悪のパターンでなければ、多くの夫婦が「せっかく結婚したのだから」もしくは「子供がいるから」夫婦生活を継続することを選ぶだろう。

 

 実際には、DV等の最悪のパターンでさえ、いったん結婚してしまうと継続し続けることを選ぶ夫婦というのは多い。

 

しかしながら同棲であれば、相手が気に入らない場合には比較的容易に解消が出来る。

実はここは「女性編」と言いながらも女性だけに限らないことだったのだが、カップルが同棲をすると、相手の悪い面に直面し、結婚する気にならなくなることが多数あるのだ。

 

結婚したいなら同棲しない

結婚をしたいという場合には、よほど同棲で確かめたい点があるとき以外は、同棲をしないことがプラスに働くと思う。(もしくは、同棲をすることがマイナスに働く)

 

相手のことが好きであり、なおかつ相手が信用できる人物だということが分かっているのであれば、一気に結婚に飛び込んだ方がうまくいく。

同棲には相手を見極める効果はあるが、そのせいで結婚まで失ってしまってはもったいなさ過ぎるのだ。

 

婚活で出会った異性と同棲するのであれば、よくよく今回書いたようなデメリットについて考えてからが良いと俺は思う。あなたの参考になれば幸いだ。

 

恋愛・婚活マッチングサービスwith(ウィズ)

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事