出会い系サイト・出会い系アプリと、犯罪の問題は切っても切り離せない。

 

一時期は、レイプや殺人などの凶悪事件の動機の中で、「被害者と加害者は出会い系サイトで知り合った模様で…」なんてニュースもよく出ていた。

最近はそういった「凶悪犯罪」はないが、新潟県知事の援助交際問題で出会い系ハッピーメールが報道に登場した。

 

今回は「出会い系に17歳がいた?手を出すな!」をお送りする。

 

出会い系は特殊な世界

あなたが犯罪者気質なら、出会い系に限らずどんなツール経由でも捕まる可能性はある。

 

しかしながら、あなたが俺と同じような「普通の男」であれば、そんな心配はない。

あなたがフツーに過ごしていれば、これまでと同じフツーの毎日が待っていることだろう。(運悪く何かに遭遇しない限り)

 

しかしながら、出会い系では少し注意が必要だ。

出会い系サイト・出会い系アプリというのは、普通より少しだけ特殊な世界だからだ。

 

出会い系以外では「どう考えても悪い行動」をとらなければ、捕まることはない。

しかしながら、出会い系では「つい、うっかり」で捕まることもあるのだ。

 

出会い系で捕まるのは17歳がらみ

とはいえ、出会い系が「何をやってもすぐ捕まる魔境」というわけではない。

むしろ、捕まることなんて「あるパターンを除いて」全くないと言ってもいい。

 

出会い系では援助交際が常態化しているが、たとえお金で女性を買っても、(ソープと同じ理屈がある)グレーゾーンなので捕まらない。

出会い系で捕まってしまうパターンというのは、かなり限られているのだ。

 

それは17歳以下、つまり18歳になっていない女性とエッチした場合だ。

このほとんどがお金のあるやり取りだと思うが、なくてもよほど「本気の恋愛」であることを証明できない限り捕まる。

 

18歳以上とのエッチであれば、レイプだったり、明らかな犯罪行為でない限り、警察は出てこない。

 

恋愛関係にある男女が、お金のやり取りをするのは問題ないからだ。

(ソープランドやちょんの間も、この理屈でブラックでないグレーゾーンとなっている)

 

しかしながら、17歳以下の保護に関しては、警察も本気だ。

17歳以下で捕まった「売春少女」のスマホ履歴から、「援助交際おじさん」を一網打尽にしようとする。

 

ある日突然家に警察がやってきて、「この子、ご存知ですよね」といきなり逮捕される。

こういったことは珍しいことではないし、今や出会い系がらみで唯一(ある程度まともな人が)逮捕されるパターンだと言えるだろう。

 

なぜ出会い系に17歳がいるのか

そもそもなぜ、出会い系サイトに17歳以下がいるのか。

17歳以下がいること自体、年齢認証で防いでいるはずなんだから、出会い系サイトのせいじゃないのか、という声もあるだろう。

 

それは基本的には正しい。

出会い系サイトは、利用規約上18歳未満の利用が禁止されている。優良出会い系であれば、年齢確認が必ずある。

 

しかしながら、親のクレジットカードや身分証明書を利用して、17歳以下の子が入ってきてしまうことはあるのだ。

俺自身も、17歳の女子高生に出会ったことがある。(もちろん、分かった瞬間にお帰り願ったが)

 

そして、それが出会い系サイト側の問題であることも事実なのだが、「17歳以下と知って」手を出したら、それはサイトのせいではなく自分のせいになる。

 

17歳以下と判明したら、美人だろうが、やれそうだろうが、回れ右

この絶対守るべきルールが守れないようであれば、出会い系なんて手を出してはいけない。

 

俺の経験上、「18歳~19歳」を主ターゲットにして出会い系を使っていると、ある程度の確率で17歳以下の子に普通に出会ってしまう。

 

これは、PCMAXでも、ハッピーメールでも、ワクワクメールでも、優良出会い系なら普通に起こる。

「すごく特殊な(珍しい)こと」ではなく、「普通にあること」なので気を付けてほしい。

 

出会い系で17歳以下に手を出すな

17歳以下に手を出してみたい気持ちは、分かる。

 

ロリコンでなくても、20代が17歳とエッチするのは(生物学上は)普通のことだと思うし、17歳でもロリではなく「完全に大人」な子もいる。

というか、いた。

 

しかしながら、17歳以下に手を出したことは、後からでも罪になる。

その子が警察のお世話になったら、自分も含めて一網打尽になるということを、よく覚えておいてほしい。

 

PCMAXの公式サイトを見てみる

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事