題名(記事タイトル)を見て、こう思った方もいるかもしれない。

最初っから1日がかりのデートなんて、やんねーよ!」と。

 

…まあ普通はそうだろう。そういう方は、この記事を読む必要は全くない。

俺は、出会い系から考えるとネット出会いは長いほうだが、結構この手の失敗はしてきている。

 

というわけで、今回は「出会い系・婚活アプリでの初回1日デートはやめとけ」を書いていきたい。

 

出会い系で盛り上がったまま初回デートを画策すると…

婚活アプリや出会い系サイトで出会うと、結構盛り上がることがあるんじゃないかと思う。

 

というか、ある程度盛り上がるくらい、相性が良い相手と出会うことが多いのではないだろうか。

少なくとも俺はそうで、出会う約束をするときにはお互いのテンションは最高潮!という場合が多かった。

 

なので、初回デートから飛ばしてしまう。

正確には、「初回デートのプランを考えているときから」飛ばしてしまうことになる。

 

こうなると、どうなるか。

そう、1日一緒にいるプランを提案してしまうのだ。

 

そして、相手は相手でその時は俺のことをかなり気に入っている状態だから、OKしてくれることも多いのだ。

 

1日がかりの出会い系初回デートプラン:テーマパーク

1日がかりのプランとは何か?

もちろん、昼まで何をして、昼はどこどこで食べて、その後はここに行って、夜は…というプランもあるだろう。

 

しかしながら、初回デートでそこまでのプランを組み立てられ、事前に伝えられたら引いてしまう女性も多いと思う。

 

ここで言っている「1日がかりのプラン」というのは、例えばテーマパークでのデートなどだ。

もっと具体名で言えば、ディズニーリゾート(ランド、シー)や、ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)のようなところへのデートだ。

 

まさか初回でそんなところに行くやつはいない、と思う人も多いだろうが、俺は行ってしまったことがある。

 

テーマパークの悲劇

すごく正直に言えば、これは婚活(マッチングアプリ)ではなく、その前の話。

だから、出会ったのはいわゆる出会い系、たぶんPCMAXかワクワクメールのどっちかだと思う。

 

サイト内で知り合ったJKと意気投合した俺は、「エッチしなけりゃいいんだろ!」とばかりにデートに誘った。

相手もかなり食いついてくれ、調子に乗った俺はテーマパークでの1日デートを提案した。

 

相手はJKだから、テーマパークは結構好きだと思った。

実際、その相手も1も2もなくOKしてくれた覚えがある。

 

そして、当日。

待ち合わせはテーマパークがある駅だったのだが、出会ってがっかり。まあ、ぶっちゃけブサイクな子だった。

 

当時、出会い系での写真交換というのはプリクラ(プリント倶楽部)が主流。

JKであった相手も、もちろんプリクラしかくれなかったので事前にブスだとわからなかったのだ。

 

俺は自他共に認める「フツメン」であり、合コンで相手のテンションを上げることも下げることもないので有名(笑)なのだが、ブサイクな若い女性と言うのは例外だ。

 

というのも、ブサイクな若い女性と言うのはジャニーズファンである率が異様に高く、「ただしイケメンに限る」がデフォルトなことが本当に多いのだ。

 

その時も、相手が俺のことをあまり気にいっていないことが伝わってきたという感じだ。

 

まさにテンション激落ちくんになった二人。

相手はブスだがコミュ力は高かったし、俺も割としゃべるほうなので、体裁としては無難なデートにはなったと思う。

 

しかしながら、相手も俺も、「無駄に1日を過ごした…」という感覚は持っていたと思うのだ。

これが世に言うテーマパークの悲劇である。

 

まとめ:ネット出会いの初回デートはディナーにしておけ

今日は何かテクニックや考え方というよりは、体験談をお話した感じになった。

言いたかったことは、ただ一つ。

 

初回デートはディナーにしておけ

 

ということだ。俺は出会い系から含めるとかなりの長い年数ネット出会いをやっている。

その経験から、初回デートはディナー、というのは本当におすすめしたいことだ。

 

悪いことは言わないので、出会い系からいきなり1日デートだけはやめておいた方がいい。

 

PCMAXの公式サイトを見てみる

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事