婚活中の男性の中で、「美人の奥さんが欲しいなあ」と意識している人はどのくらいいるのだろうか。これはよく分からない。

 

しかしながら、婚活中の男性の中で、「美人の奥さんが欲しいなあ」という潜在的な希望がある人は、100%に近いのではないだろうか。俺ももちろんそうだった。

 

題名に結論を書いてしまう悪い癖がまた出たのだが、俺は「美人の奥さんが欲しい人ほどマッチングアプリ」だと思っている。今日は、その理由を書いていこう。

 ※ 内容が内容だけに、嫁に脅されて書かされている提灯記事ではないとだけ言っておく(笑)

 

彼氏がおらず、出会いを探している美人は多い

現在の日本で、美人と結婚したい、美人の奥さんが欲しい場合にはどうすればいいのだろう。

 

高級クラブや会員制ラウンジでミス○○級の女性を捕まえる、またはモデルやアイドルと合コンをする、などがまず思いつくが、これが出来る人は少ない。少なくとも、俺にはそういった経済力や人脈はなかった。

 

しかしながら、いわゆる「普通の女の子」にも驚くような美人さんはいる。OLとか、看護師とか、大学生とか、そういう普通の子たちの中にもだ。少し古い表現で言えば、職場のアイドルとか、学校のマドンナとか呼ばれているような人たちだ。

 

こういう女性はさぞやモテるのだろうと思いきや、実は彼女たちには彼氏がいない場合も多いのだ。今の会社は既婚者も多い(というか既婚者ばかりだ)し、若者は草食系が多いので高嶺の花をすぐにあきらめる傾向にある。

 

かといって、彼女たちが彼氏を求めていないかと言えば、そんなことはない。彼氏がいない美人は、内心「なんで私、彼氏できないんだろう…」と思っていることも多く、「負け美女」なんていう言葉もあるくらいだ。美人も、出会いを探しているのは間違いない。

 

美人の奥さんが欲しい人ほどマッチングアプリだと思う

では、美人はどこで出会いを探すのか。

 

美人が、彼氏を身近で探さないことは間違いない。なぜならば、身近には美人であるにもかかわらず積極的にアプローチしてくれない人(既婚者含む)か、(アプローチはあるけど)自分的に遠慮したい人しかいないからだ。そうでなかったら彼氏ができているという話だ。

 

結論から言えば、2018年現在、出会いがない美人はマッチングアプリで彼氏を探すのが普通である。たとえば、マッチングアプリのwithを覗いてみると、たまに驚くべき美人さんがいることに気づくと思う。

 

こういった写真は「加工された写真」であることも多いが、マッチングアプリでは出会うことが前提のため、嘘つき扱いされるほどの加工はしない人がほとんどだし、たまに加工していないのに美人という子(=本当の美人)もいる。

 

悲しい現実として、そういう子に出会えても落とせるかどうかは別なのだが、そういう子に普通に会えるのがマッチングアプリだというのは事実だ。これは、一昔前の「出会い系時代」では考えられないほどラッキーなことだ。

 

実際、出会い系では、化け物みたいなのに出会うことも多い。出会い系では写真を隠しても良い雰囲気があり、目線なしで完全に顔を出してくれている子は少なめだからだ。しかし、マッチングアプリでは、出会う前にある程度の容姿が分かる。いわゆる「面食い」の人であれば、マッチングアプリを使わない理由はないと思う。

 

美人が多いマッチングアプリはない、しかし

前にも言ったような気がするが、美人が多いマッチングアプリというのはない。ペアーズだろうがwithだろうが、美人・普通・ブスの割合はそうそう変わるものではない。(双方、数百万人の会員がいるので、統計的にそこがずれてくるワケはないのだ)

 

美人に出会うためには、どうしてもたくさんの女性に会う必要がある。例えば、よほどの面食いでもない限り、10人に1人は美人だと思う。俺自身、かなりの面食いなのだが、少なくとも1~2割は美人に出会える。それ以外も事前に写真を確認しているので、「ブス」に会うことはほとんどない。

 

たくさんの女性に出会えば、必然的に美人との出会いも増える。なので、たくさんの女性に出会えるアプリを使うのが肝要だ。2018年からの恋活におすすめのマッチングアプリは?という記事で書いた通り、現在一番出会いやすいアプリは恋愛・婚活マッチングサービスwith(ウィズ)なので、気になる方はのぞいてみるといいだろう。

 

ちなみに、無料会員状態でも、会員の顔レベルは分かる。俺は有料会員になる前に、結構「顔チェック」をしていた(笑) さっきも言ったが、俺は結構面食いなのだ。

 

以上、今回は美人の奥さんが欲しい人向けに書いた。参考になれば幸いだ。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事