マッチングアプリに限らず、美人にモテないという人がいる。

 

どうでもいい女性や、出来れば距離を保っておきたい女性には好かれるのに、ある意味「本命」である美人には好かれないという男性だ。これは特殊なことではなく、大なり小なり男性なら経験していることだと思う。

 

こういう人には、共通して足りていない可能性がある要素があるので、今回はそれについて話していきたい。

 

ブスにだけモテる人生

ブスや、ブスではないけどどうでもいい女性にだけ好かれる人生を送ってきた男性は多いだろう。

 

周りにブスしかいない訳ではない。しかしながら、周りにいる美人にはなぜかモテない。美人がイケメンとしか付き合っていないのであれば「俺、イケメンじゃないからな」と納得もできるのだが、美人とフツメン、美人とブサメンの組み合わせも結構見るので、納得がいかない。

 

ここまで直接的ではなくても、このようなことを感じて生きてきた人は多いのではないだろうか。正直に言うが、俺自身もそう感じて生きてきた

 

しかし、ある時「美人にだけモテないのは理由がある」と気づいた。美人を落とすためのある行動が足りなかったことに気づいたのだ。これに気づいてからは、マッチングアプリで出会った美人を口説き落とすのが簡単になった。(一応言っておくが、百発百中ではない。「ある程度の確率でできるようになった」ということだ)

 

美人にだけモテない人は○○○が足りない!

結論を言ってしまおう。美人にだけモテない人はいじりが足りない。

 

いじりとは、辞書的に言えば「他人をもてあそんだり、困らせたりすること」だ。これは、たいていの男が「格下、もしくは同格の女性」にはやっていると思う。

 人を格で語るのはどうかと思うのだが、「高嶺の花」のようにやはり意識しているヒエラルキーというものは実在すると思う。特に、今回は「美人」という格付けを行ったうえでの攻略法なので、格で語るのを許してもらいたい。

 

つまり、「お前ってよーく見るとところどころブスだよな」「そんなことないよ、すごい美人です~!」みたいなやり取りのことだ。一歩間違えるとただの攻撃なのだが、相手との関係性によって「双方笑える」ならいじりといえるだろう。

 

この「いじり」というのは、いじる側といじられる側に区分するという効果を持つ。何を言っているかと言えば、S側(攻める側)とM側(受ける側)に人間関係を分ける効果があるのだ。

 

女性は大体M。少なくとも好きな男の前では

いじりにはいじった側をS、いじられた側をMと立場を明確にする効果があると書いた。

 

これは同性間ではそれだけのことなのだが、男女間では違う意味を持つ。女性というのは大体Mなので、「いじり」によってS側となった男性に、「男らしい」というある種の頼れる男性認定が行われる。

 

要は、ポジショニングとして、「この男性は頼れる、私より上だ」と思うようになる。荒唐無稽だと思うかもしれないが、女性は自分より収入が高く、学歴が高い男性を好むのが普通だ。女性は自分より下のポジションの男とは付き合いたがらない。「男女平等」の世の中にもかかわらず、これが逆転しているカップルの割合は少ないので、興味があれば調べてみるといいだろう。

 

女性に優しいだけの男がモテないのは、このせいだ。女性にけっこうひどいことをやっている男がモテるのも、このせいである。

 

女性というのは、いじる男性のことを好きになる。それは、「いじる」「いじられる」がポジショニングと深い関係のある行為だからだ。女性は優しい男性も好きだし、面白い男性も好きだが、それだけではNGだ。

 

女性をいじろう。美人でも、お構いなくいじってみよう。そこからすべてが始まる。

 

以上、今回は「美人にモテない人はいじりが足りない」という話をしてきた。あなたの参考になれば幸いだ。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事