今回は、募集していた再婚活の体験談が集まったので、ご紹介していこう。

 

昨今では「再婚活」、つまり再婚を目指す方、シングルマザー(シンママ)シングルファーザー(シンパパ)の婚活が盛んだ。だから、婚活ブログとしてはその内容を含みたいと考える。

 

しかしながら、俺自身には再婚活の経験はないので、読者様から頂いた婚活体験を載せることで、婚活ブログとしての内容を補完していきたいと思った次第だ。それでは、行こう。

 

再婚活のきっかけは寂しかったから

再婚活のきっかけになったのは一人でいるのが寂しくなったからです。もともと寂しがり屋なので恋人か再婚相手が欲しいと思っていました。しかし、恋人探しよりも再婚を前面に出し、真面目なお付き合いを目指した方が確実なような気がしてきたのです。

 

年齢的にも30代半ばということもあり、悠長に恋人探しをしている暇がない、年金不安なども考えるとパートナーがいた方が楽という気持ちがあったのも事実です。

 

何を使って再婚活したか?

TwitterやフェイスブックなどのSNSを利用しました。これを利用した理由は、その人の普段の生活の様子などを確認できるからです。有料のサイトだとどうしても自分を作ってしまう部分もあるので、盛りすぎが怖かったというのもあります。

 

結婚相談所はコストパフォーマンスが悪いので余り惹かれませんでした。合コンは事前情報がないので単純に運勝負になりがちだというのもありますね。

 

それであれば自分の趣味やタイプの情報を積極的に発信できる媒体の方が勝率が高いと踏みました。

 

再婚活を実際してみた話

バツイチなので離婚暦がマイナスになるかなぁと思ったのですが、実際はそんなことにはなりませんでした。そもそもバツイチであることを隠していませんし、それで人が酔ってこなくなるならそこまでだと思っています。

 

自力勝負にしないと夫婦生活もうまくいかないのは離婚で痛感していたので、相手の価値観などをしっかりと把握した上で地雷を踏まないようにしたいなぁと。

 

再婚活をしてわかったことは、似たような思いをしたことがあるような人は意外と多いということです。再婚願望がある人はいますし、パートーナーの性格の悪さで苦労して離婚した人も多いです。価値観が共有できることは大きな強みなので、こだわりすぎなければ相手を見つけることはそれほど難しくはないなぁと。

 

ただし、相手のおめがねにかなうだけの魅力を出せるかどうかは問題ですね。途中までうまくいったと思っても失言一つで関係が壊れてしまうこともあります。
まだまだ学ぶことが多いなぁと思いました。

 

再婚活の結果はどうなったのか?

一度再婚一歩手前まで行くことには成功しましたが、現在も再婚活中です。

 

失敗の原因は相手の親の反対で、お互い好きだけでは完結しないものだなぁと骨身に染みました。無理に粘って相手に負担をかけるのも問題ですし、出直しですね。

 

事前に相手の親の情報や価値観も確認した方が成功率が高くなるというのは収穫でした。気位の高い親と一緒になっても苦労するでしょうし、結婚生活を幸せにしたいのであればある程度考える必要があります。

 

価値観が一致していても、お互いが結婚したいと思っても駄目になるときは駄目になるのでもうちょっとチャレンジする回数を増やした方が良さそうです。

 

再婚活したい人へのアドバイス

再婚活するからといって負い目を持つ必要はないと思います。実際好きだという気持ちを積極的に伝えるだけでもそれなりにモテましたし。外見や収入を気にするよりも自分の長所を生かしたり、自信がある武器を作った方が行動に説得力が出ます。

 

安定した生活などを重視するのであれば婚活サービスなどを利用するのは現実的な気もします。理由は、出会いにお金をかけない人間は受身であることが多いからです。

 

実際、いろんな人と出会いましたけど、経済的に余裕がない人はメンタルが不安定になりがちなど、マイナス要素が多くなります。お金がなくても真面目で良い人は大体先に相手がいるので競争が厳しいです。

 

それであれば、ある程度婚活などにお金を裂く余裕がある人の方が外れを引く恐れは少ないかなぁと。

課題も見えたので私は色々組み合わせて再チャレンジ中です。

 

婚活・恋活・再婚活マッチング

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事