赤ちゃんがいるときの婚活。

 

たぶん、やる人は少ないと思うし、やる人はかなりの事情があってやっているのだろうが、赤ちゃんがいるときの婚活というのはかなりのイバラの道だ。

 

まあ、それは想像がついていると思うのだが、可能か不可能かの話で言えば、実は可能だ。やり方を間違えさえしなければ、何とかなる。

 

というわけで、今回は「赤ちゃんがいるときの婚活における注意点」について書いていきたいと思う。

 

妊娠中の女性の婚活

まず、妊娠中の女性の婚活について。これは赤ちゃんがおなかの中にいる場合、ということだ。(必然的に女性に限った話になる)

 

この時期に婚活するというのは、のっぴきならない事情があることだろう。少なくとも赤ちゃんの父親は蒸発してしまったか、別れてしまったのだと思う。その後、赤ちゃんを育てるためにも、今度はきちんとお付き合いできる男性を探している、ということなのだろう。

 

そういった事情にあるのであれば、赤ちゃんの父親を探すということ自体は大いに理解が出来るのだが、普通のマッチングアプリや婚活サイト等で妊娠中の女性を受け入れてくれる男性はほぼいないだろう。いたとしても、興味本位だったり、妊娠中の女性としかできない行為を求めてのことである場合が多いと思う。

 

以上のように、妊娠中の女性の婚活は、倫理とかではなく成功率が低すぎるのでおすすめしない

 

 どうしても妊娠中でも婚活をやらなければならない事情がある場合には、唯一おすすめできるアプリを最後に書いておいたので、参考にしてほしい。

 

赤ちゃんがいるシンパパ、シンママの婚活

人間の自己保存(複製)本能というのは強いものだ。

 

自分の遺伝子が入っているものは愛し、自分の遺伝子が入っていないものには牙をむく。昔話でも、「ままはは(継母、義理の母のこと)」なるものにいじめられた少年少女の話というのは枚挙にいとまがない。有名なところで言えば、シンデレラなどまさにその典型だ。

 

赤ちゃんがいるシンパパ、シンママの婚活は難しい。もちろん、妊娠中の女性よりは難しくないだろうが、受け入れてくれる人は少ない。たとえば俺の登録しているwithなどでも、シンパパ、シンママというのは極端に人気がないというのが本当のところだ。

 

俺は男性のマッチングアプリ画面しか見られないので、男性の立場で言えば「ありゃ?美人さんなのに、いいねの数が少ないな」と思ってプロフィールを見てみると、シンママだったりする。

 

赤ちゃんがいるときの婚活は使うアプリが大事

結論をいうと、妊娠中にしろ、シンママ・シンパパの婚活にしろ、赤ちゃんがいるときの婚活は使うアプリが大事だ。

 

人気のマッチングアプリといえば、ペアーズやウィズ、マッチドットコムやラブサーチ、ゼクシィ縁結びなどがあると思うのだが、こういう一般的なアプリでは赤ちゃん持ちは完全なる「異端者」であり、よほど運が良くないと「理解者に出会い、かつ相手と相思相愛になる」という事態には恵まれないだろう。

 

赤ちゃんがいるときの婚活で使うべきマッチングアプリは、マッチングアプリが多い中でも一つしかない。

それは、再婚活の出会いアプリであるマリッシュ(marrish)だ。

 

マリッシュ(marrish)は、おそらく唯一、再婚活の出会いをうたっているマッチングアプリだ。ペアーズやウィズでは爪弾き状態だった「再婚活者、シンママ、シンパパ」もここでは主役となる。

 

もちろん初婚者もいるのだが、登録前に「再婚活応援!」などの文字が飛び込んでくる作りになっているため、再婚活に理解のある人しかそもそも登録しないアプリになっている。

 

そのせいで、ペアーズはもちろんのこと、ほぼ同時期に出来たウィズより会員数が少ないが、最近になって毎日のように新しい人が入ってくるようになった。今までは「再婚活・シンパパ・シンママ」しかいないアプリだったが、今後はどんどん人が増えてくるのだろう。

 

俺自身も、再婚活者ではなく初婚の婚活だったが、登録していた。マリッシュではシンママの方にも会ったし、普通の初婚者にも出会った。今後は、マリッシュが認知されていくにつれて「ぶっちゃけ初婚希望だが、どちらも出会ってみる価値はあるかも」位の人がどんどん登録してくると思う。

 

以上、今回は「赤ちゃんがいるときの婚活における注意点」について書いてきた。あなたの参考になれば幸いだ。

 

婚活・恋活・再婚活マッチング

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事