今回は、いわゆる「マッチングアプリ・婚活アプリ」(婚活サイトの中に含まれることもある)で出会うための全ステップを簡単に書いてみようと思う。

 

マッチングアプリ・婚活アプリのことを何も知らない人でも、この記事だけで出会えるように作ってみたつもりだ。

 

まずマッチングアプリ(婚活アプリ)選びから

当たり前と言えば当たり前なのだが、まずはマッチングアプリ選びをする必要がある。

 

実は、ウィズやペアーズ、ゼクシィ縁結びなどの「会えるマッチングアプリ」を選べればそこまでの違いはない(正直に言ってどれでも会える)のだが、ここを間違えて詐欺アプリにしてしまうと、何万、何十万支払っても出会えないことになるので注意。

 

個人的には、ウィズ(with)が今、一番出会いやすいのではないかと思うので、ウィズに登録しておこう。

 

もちろん、登録は無料だし、優良マッチングアプリの中では一番料金が安いので、有料プランに変更するときでも後悔はしないと思う。

 

恋愛・婚活マッチングサービスwith(ウィズ)

 

次はプロフィールを充実させる

登録したら、早速お相手にアプローチ…するのはまだ早い。

 

まずは、プロフィールを充実させる必要があるのだ。

これをやっておくとやっておかないとでは、「いいね!」に対する「いいね!」が返ってくる率(=マッチングする率)が全く違ってくるので、忘れないようにしていただきたい。

 

ウィズで言えば、まずは自己紹介文を書いておこう。

2018年4月23日現在、400文字まで入力できるので、出来る限り400文字をフルに使って書こう。

 

プロフィールにおける自己紹介文章を書く時のコツは、具体性と特殊性だ。

出身地を都道府県レベルではなく、もっと具体的に書いたり、出身学校名を書いたりすると信用される。

 

さらに、「趣味は旅行です」みたいな3人に一人は同じ事を言っているようなプロフィールではなく、「趣味はプロレス鑑賞と犬カフェです」のようにやや特殊な趣味のほうが食いつきやすい。嘘をつく必要はないが、人とは違う趣味や特技、職業なのであれば、恥ずかしがらずに言ってしまったほうがオトクだ。

 

次は、身長や体型、学歴や年収などの「基本プロフ」を埋めよう。

こちらについては、あまり気を付けることはない。サバを読み過ぎないように、とだけ言っておこう。

 

最後に、「詳細プロフ」だ。学校名や、子供の有無、結婚に関する意思、出会うまでの希望や、初回デート費用について埋めていこう。

ここもあまり見栄を張り過ぎず、正直に言っておいた方がいいだろう。

 

最後に、プロフィール写真だ。写真写りが悪い人なんかは出したくない気持ちもわかるが、ほとんどの人間はイケメンや美女ではない。(俺も)

笑顔で「人柄は良さそう」な写真だと、結構「いいね!」してくれるから大丈夫だ。載せておこう。

 

プロフィール項目で絞り込み検索

ここまで済んだら、ついにアプローチ…の前に、相手を絞り込む必要がある。

 

ウィズ(PC版)で言えば「探す」というところから探すことになる。

ここで、あなたの希望の相手を「絞込み」というボタンから絞り込んで検索するようにしよう。

 

今のまま見ていくと、よーく見ると「バツイチ子持ち」だったり「喫煙者」だったり、希望に合わない相手も含まれる

(もちろん、子持ちでも喫煙者でもOKという人もいるだろう。ただの例だ)

 

絞り込みでは、今までのプロフィールで設定した項目のほとんどで指定が出来る。

 

多くの人で設定しておいた方がよさそうなのは、「身長」「体型」「居住地」「結婚歴」「子供の有無」あたりだろうか。

後は、「結婚に対する意思」や「タバコ」なんかも気にする人は多いだろう。

 

こういった項目で絞り込んだら、「検索する」を押そう。

すると、あなたの条件に合致する異性が山ほど出てくる。

 

 あまりにも厳しすぎる条件にすると少ないかもしれないので、その時は条件の見直しを考えよう。

 

ついにアプローチ

ついにアプローチだ。

ここまでくれば、検索結果に表示された女性にアプローチするだけだ。

 

ご存知だと思うが、マッチングアプリにおけるアプローチは、「いいね!」というボタンを押すだけ

これで、相手も気に入ったら、「いいね!」をしてくれて、そうなるとマッチングが成立。めでたくメッセージ交換が出来る、というわけだ。

 

ここでの注意点は、相手の「いいね!」数を見ることくらいだ。

あまりにも「いいね!」されている人気の人だと、いいねのお返しをくれる確率が低下する。

 

もちろん、それでも挑んでみたい相手には挑んでみるといい。

結構マッチングすることも多い。

 

次の「メッセージ交換」で気づくこともあるが、あまりにも美人で、プロフィール項目も良い場合には業者の場合もあるので、そこだけ気を付けよう。

 

メッセージ交換~アポ取り

最後のステップ、メッセージ交換とアポ取りだ。

 

お互いに「いいね!」してマッチングしたら、メッセージ交換に移ることになる。

ここでは、自分に関する情報を開示しつつ相手のことを知り、そして何より「デートの約束をする」のが大事だ。

 

とはいえ、すでにマッチングした相手なので、結構すんなり行くことも多い。

ここが出会い系との大きな違いだ。

 

どんな仕事をしているのかとか、趣味は何か的なたわいもない会話をしつつ、「今度、食事に行きませんか」というだけだ。

食事の話題とか、「良い人がいない」という恋の話題の中で「じゃあ、今度食事に行きませんか」といえると自然だが、そうでなくてもOK。

 

お互い「良い人と出会う」ためにやっているのだし、「マッチング」という第一関門はお互いの了解で通っているのだから、心配ない。

普通に誘ってしまってOKだ。

 

アポが取れて、日時を決めたら、あとはデートに向かうだけだ。最初は緊張するだろうが、頑張ってほしい。

 

マッチングアプリ・婚活サイトで出会うまでの全ステップのまとめ

というわけで、今回はマッチングアプリ・婚活サイトで出会うまでの全ステップを解説した。

 

難しく考えている人もいると思うが、そもそもマッチングアプリや婚活サイトはそもそも出会うためのツールだ。

あなたは全くおかしなことをやっているわけではないので、安心してどっしり構えよう。(職場や学校の出会いこそ、「仕事」や「学生」の本旨には外れていたりするのだ)

 

この記事があなたのお役に立てば幸いである。

 

恋愛・婚活マッチングサービスwith(ウィズ)

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事