秋元真夏さんというアイドルが乃木坂46にいるようだ。

俺はアイドルはあまり分からないのだが、深夜につけた乃木坂工事中(?)っていう番組でやっていた。

 

それを見ていて強く思ったことがあるので、今日はそのことについて書いていきたい。

 

女子には嫌われるが男子に好かれるあざといキャラ

秋元真夏さんという人は、いわゆる「あざといキャラ」のようだ。

あざといというのは、「押しの強い、どぎついやり方、または小利口な感じ」のこと。

 

要は、ちょっと計算ずくで男性人気を取りに来るキャラなのだろう。

(キャラ、と認知されているからには、実際には結構いい人なのではないかという気もするが)

 

実際、調べてみると、かなり露出度の高い肩を出した服装であったり、太ももを露わにした服装でインスタ(ブログ?)に写真をアップすることが多いようだ。

 

こういうあざとい女性は、男性受けはいいが、女性受けは抜群に悪いのが普通だ。

実際、乃木坂には女性ファンも滅茶苦茶多いが、秋元真夏さんのファンは男性が多いと言われている。

 

女性受けを完全に捨てて男性受けを狙いに来る

アイドルとしては、ある程度正しいというか、有効な戦略の一つという感じがする。

 

マッチングアプリでのあざといキャラには気を付けるべし

アイドルのあざといキャラはいいのだが、マッチングアプリ(婚活アプリ)や出会い系でのあざといキャラには注意だ。

結論を言えば、マッチングアプリや出会い系でのあざといキャラのほとんどは業者だからだ。

 

業者の特徴を考えると、それがよく分かるのではないかと思う。

 

  • 可愛い顔と、ちょっとエッチ目な写メで釣ってくる。
  • 文章も男性受けを100%狙ったもの。見た目より誠実さ重視とかも書いていることが多い。
  • メッセージ交換していても、こちらを喜ばせるようなことしか言わない。ファンに対するアイドルのようだ。

 

ということで、まさにマッチングアプリや出会い系の業者は「あざといキャラ」そのものなのだ。

 

アイドルであれば、あまりにもあざとすぎると女性受けが悪いどころか、嫌われてしまう。

アイドルは男性にも女性にもみられているからだ。

 

しかしながら、マッチングアプリや出会い系では、男性は女性しか見られないし、女性は男性しか見られない。

だから、同性にどう思われるか等ということは100%無視することが出来るのだ。

 

マッチングアプリや出会い系のエロはNG

もっと言うと、あざといを含め、マッチングアプリや出会い系でエロを醸し出すタイプの女性はほぼ業者か、素人女性でもお金目的の人だ。

 

俺は、婚活ではマッチングアプリ(ウィズやゼクシィ縁結びなど)を使っていた。

しかしながら、その前から出会い系サイト(PCMAXやワクワクメールなど)を使っていたので、ネット出会い歴は結構長かったりする。

 

その経験から言うと、エロが絡む投稿やプロフィール設定をしていた女性で、まともな女性はいない

メッセージ交換では何も言わずとも、会ってから金銭を要求されるパターンなど、どう頑張ってもセミプロだった。

 

ネットにおいて、「欲求不満」「セフレ」「慰めてくれる方」などの言葉を使う女性。

または、エッチ目の写メを設定していたり、アダルト掲示板やアダルト画像・動画などを投稿している女性。

 

こういう人は、ほぼまともではないと思っておこう。

ここでの「まともではない」というのは、俺たちのように出会い目的ではないということ。

 

つまり、完全にお金稼ぎ目的だということだ。

援交女性やキャッシュバッカーなど、ネット出会いにはお金目当ての女性が多いが、彼女らが最も簡単にお金を手に入れる方法が、エロを使うことだ。

 

男性なら、エロにはお金が出てしまうものだからだ。

誰しも、一つや二つの失敗談は持っているだろう。

 

出会い系やマッチングアプリでは、エロには近寄らない

難しいことだが、これを徹底するとガンガン会えるようになる。

 

実際に会えた「生身の素人女性」というのは、もちろん性欲もある普通の女性だ。

だからこそ、会ってからならエッチに持っていくこともできる。

 

急がば回れではないが、エッチしたければサイトやアプリ内でのエッチ系は避けることだ。

 

PCMAXの公式サイトを見てみる

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事