婚活アプリ(マッチングアプリ)で出会うために、かなり非効率なことをしている人が、たまにいる。

 

「いや、その女はあなたには無理だろう…」という女性へのアプローチばかりしていると、最悪の場合、1か月全てのいいね!(30回分)を使い切ったのに成果ゼロ、ということさえありうる。

 

というわけで、今回は婚活アプリ(マッチングアプリ)におけるアプローチについてお話していきたい。

 

ファーストメールでアプローチすべき相手

出会い系では、最初のアプローチを「ファーストメール」と呼び、返事がもらえるかもらえないかの分かれ目として、大変重視されている。マッチングアプリでは最初に送るのはメールではなく「いいね!」だが、最初のアプローチが重要なことは同様である。

 

それでは、婚活アプリ(マッチングアプリ)での最初のアプローチで大事なのは、何か。それは、相手選びである。「いいね!」を返してくれやすい相手を選ぶことが、最も重要なことだと言ってもいい。これさえできれば、マッチングしないことが理由で退場、という一番悲しい結末だけは避けられるからだ。

 

ただ、「いいね!」を返してくれやすい相手と言われても、それはどんな相手なのかと思うだろう。結論を言えば、「いいね!」を返してくれやすい相手とは、あなたに似ている相手である。

 

なぜ自分に似た人にアプローチすべきなのか

あなたに似ていると言っても、顔が似ているという意味ではない。あなたがブサイクなら、ブスにアプローチしろというわけではないのだ。

 

似ているというのは、属性の話である。たとえば、職業だったり、趣味だったり、経験だったり、そういう属性のことだ。

 

例をだそう。例えば、あなたがサラリーマンであれば、OLである。チャラ男であれば、ギャルがいいだろう。自営業であれば、同じく自営業をしている女性を探してみるのがおすすめだ。

 

なぜそうしたほうがいいのか。

 

マッチングアプリというのは、すでに20を超えた、いい大人が使っている。いい大人というのは、すでに自分の価値観が決まっている。そして、付き合うときには、この価値観が似た相手、共通点が見つけられそうな相手を見つけるというのが、たいていの男女の行動だ。

 

まともなOLが、ギャル男と付き合ったりするのはまれだ。価値観が合わないからだ。

 

医者がキャバ嬢と結婚するのはまれだ。価値観が合わないからだ。(ただし、不倫・浮気はよくあるかもしれないが)

 

マッチングアプリで売り込む人を間違えるな

友人である、オタクのB氏は、「オタクなのにギャル好き」という異端児だったため、マッチングアプリでギャルばかり狙ったが、まったく相手にされなかった。なぜなら、B氏は「ザ・オタク」という風貌で、ギャルのほうも「なんで私なん?」と思ったに違いないからだ。

 

どうせB氏のギャル好きは治らないと分かっていたので、私はB氏に、もう少し垢抜けた格好をするようにアドバイスした。さらに、髪を染めて痩せろ、とも言った。

 

B氏は激変した。元の彼を知っている人なら爆笑するだろうが、いわゆる「雰囲気イケメン」ならぬ「雰囲気チャラ男」になっていた。元の彼を知らなければ、たぶん笑ってしまうことはないだろう。最初からこういう人なのだと思うのではないだろうか。

 

それからの彼の快進撃はすごかった。俺が教えたマッチングアプリのウィズペアーズだけでなく、PCMAXミントC!Jメールといった出会い系サイトまで手を出し、ありとあらゆるサイトでギャルにアプローチした。

 

その結果、彼がゲットしたギャルは10を超え、最終的には(私の好みではないが)美人の部類に入るギャルをゲットした。これは実話だ。

 

何が言いたいのかと言えば、ネット出会いは執念で何とかなるというのが一つ。もう一つは、あまりに自分とかけ離れた人からは相手にされないので、執念があっても無理ということだ。(B氏はオタク風貌のときでも、めちゃくちゃ必死にギャルを追っていた)

 

もしあなたが、本当に頑張っているのに出会えないのだとしたら、狙いを間違えていないだろうか?マッチングアプリで、狙う人を間違えると返信率・マッチング率は激減する。このことを覚えておいてほしい。

 

以上、今回はマッチングアプリで狙うべき相手について書いてきた。参考になれば幸いだ。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事