マッチングアプリでは、「労多くして益少なし」のやたら会うまでが困難で手間はかかるのにブスな子がいる。

かと思えば、手間もかからず、すぐに出会えたと思ったら美人でした、みたいなこともある。

 

そういった意味では、(マッチングアプリに限定せず)ネット出会い全般において、基本的には出会いやすい子を狙っていった方がいい

「出会いやすい子=ブスやヤリマン、地雷」という図式は絶対にない。

 

だったら、出会いやすい子の中から、良い子を探していくほうが圧倒的に効率がいいのは間違いないのだ。

というわけで今回は、「マッチングアプリでうまく会える子の特徴3つ」をお送りする。

 

好感度が最初から高い子

モテない男ほど、無理目な高嶺の花を狙いたがるものだ。

しかしながら、好感度が高い女性がいるのであれば、そちらを落とすほうが安全確実である。

 

しかも、「好感度が低い美女」と「好感度が高い普通の女」で迷うならわかる。

しかしながら、マッチングアプリでは「好感度が低い顔不明の人」と「好感度が高い顔不明の人」で比べることになる。

 

今時、写真写りは加工で何とでもなるので、出会ってみるまで本当の美人度は分からない。

だったら、好感度が高い子一択ではないだろうか。

 

好感度が高い子は、そのまま出会っても相性の良さを感じたり、意気投合したりすることが多い。

真面目な出会いを標榜する当ブログで大声では言いにくいが、「出会って初日で深い仲になる」ことがあるのはこのパターンだ。

 

マッチングアプリで出会いたいなら、メッセージのやり取りの中で盛り上がった子や、相手からグイグイ来る子など、最初から好感度が高いと思われる子をきちんと落とし切るのが一番大事だ。

 

文章量が多い子

好感度が高いとはいっても、メッセージ交換で異様に盛り上がるということはそこまで多くないだろう。

そういった意味で、相手の好感度の代理変数になるのが、文章量だ。

 

もちろん、文章量が多いのは「きちんと会おうとしている」という証左でもあるし、性格にもよることだ。

しかしながら、文章量が多いというのは、「少なくともこちらに興味がある」「きちんと会おうとしている」「しっかりした性格である」という3点はある程度保証する。

 

逆に言えば、文章量が少ない場合、こちらに興味がない(会う気もない)か、ただのバカ女である可能性すら示唆する。

 

経験上、メッセージ交換における文章量が多い子と言うのはきちんとした出会いがしやすい子だ。

セフレには向いていないかもしれないが、結婚には向く子が多い。

 

婚活でマッチングアプリを使っているのであれば、このあたりもきちんと見るといいだろう。

 

0~3歳年下の子

あらゆるアンケートにおいて、9割の男性が年下(同い年含む)を好み、9割以上の女性が年上(同い年含む)を好むことが分かっている。

今は逆のカップルも多いように見えるが、「普通じゃないから目立つ」だけで、たいていのカップルは年上男×年下女か、同級生だ。

 

実際、女性が一番好む年齢差が1~2歳年上

データ元のアンケートを失念してしまったが、これだけで3割程度のシェアを占めていたと思う。(5分類以上あるのに)

 

経験上、女性は多くの場合、マッチングアプリで年齢指定する。

芸能人等であれば年の差結婚も多いが、それは対面での出会いが滅茶苦茶ある人たちだからだ。

 

データとして年齢が出てきてしまうネットでの出会いにおいては、年齢での足切りは多い。

そして、大抵の女性が「OK」にしている(していない方がレア)なのが、0~3歳年上の男性だ。

 

あなたが相手から見て0~3歳年上、つまりあなたから見ると0~3歳年下の女性は、間違いなく落としやすい。

結婚への発展も十分あるとみなし、相手が会ってくれる確率も高いのだ。

 

マッチングアプリで会える子の特徴のまとめ

最後に、今回の内容をまとめよう。

 

  • 好感度が最初から高い子
  • 文章量が多い子
  • 0~3歳年下の子

 

マッチングアプリでは、上記のような特徴を持った子を積極的に狙っていこう。

それだけで、落としやすい子を落としに行くことになり、出会い率が向上するだろう。

 

なお、好感度が最初から高い子を作るには、プロフィールやメッセージのテクニックが必要だ。(写真で引き込むのでもない限り)

というわけで、そのあたりも得意でない人は少しずつスキルアップを図っていくといいと思う。

 

以上だ。読んでくれてありがとう。

 

恋愛・婚活マッチングサービスwith(ウィズ)

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事