婚活の手段は色々ある。

まあそれは当たり前なのだが、最近はネット婚活の手段もたくさんある。

 

昔であれば婚活サイトしかなかったのが、最近は婚活アプリ(マッチングアプリ)やSNSでネット婚活をする人も多い。

 

ネット婚活の幅広さを享受できるのは若者のみ

しかしながら、そういった「ネット婚活の幅広さ」を享受できるのは、基本的には若者のみだ。

 

若者のみ、というのが若干いい素日だとしても、20代~30代が中心となっているのは間違いない。

 

例えば、新たな婚活手段として台頭してきた、マッチングアプリ(婚活アプリ)。

このブログの主題でもあるのだが、これは正直、20代~30代のものだといえる。

 

実際、マッチングアプリの中でも最高の知名度を誇る「ペアーズ」は20代が6割

1部上場企業であるサイバーエージェントが運営する「タップル誕生」は、10代+20代前半だけで6割など、さらに若い。

60代が使える婚活サイトがない?

何が言いたいのかと言えば、50代や60代で結婚に使えるサイトというのが、ほとんどないということだ。

 

そんな需要はないと思う人もいるかもしれない。

しかし、実際には結構ある。

 

最近は、熟年離婚がかなり増えてきているので、50代や60代になってから「やっぱりパートナーがいない生活には耐えられない」という人も多い。

 

さらに言えば、高齢化社会とはいえ、50代や60代で亡くなる人もいる。

そういった方は残された期間を一人で過ごすこともできるが、新たにパートナーを探す選択肢もある。

 

昔から「後妻を迎える」などは当たり前にあった話なので、これは特に特殊というわけではないだろう。

 

要は、需要はあるのに供給がないのが、「60代の婚活サイト事情」なのだ。

 

60代の婚活サイトならラブサーチ

すでに、マッチングアプリ(婚活アプリ)は若者のものだ、という点については書いた。

探してみても、60代の方はほとんどいないので、使っても恥をかいている気分になる方が多いだろう。

 

そう考えると、王道の「楽天オーネット」「ツヴァイ」などの婚活サイトを使ったらいいのでは、と思う人もいるだろう。

 

しかしながら、実はそういうところでも50代や60代は少ない。

資料を取り寄せてみると分かると思うが、やはり(30代・40代の)初婚で焦っている層がほとんどである。

 

結婚情報比較ネット 資料請求

 

それでは、いったいどこがいいのか?

 

結論を言えば、俺のおすすめはラブサーチである。

その理由を簡単に紹介しよう。

 

ラブサーチは60代以上が目に見えて存在

マッチングアプリでは、50代以上は1%もいない。

恐ろしいくらいに存在しない。

 

婚活サイトでは、マッチングアプリよりだいぶマシだ。最近は登録者も増えている。

しかし、それでもすくない。

 

ラブサーチは「婚活サイト」とも「出会いサービス」ともいえる微妙な立ち位置だが、実は目に見えて60代が存在する、数少ないサイトだ。

まずは公式サイトに年齢層が掲載されているので、それをみていただこう。

これがラブサーチの年齢別の会員層(公式サイトより引用)なのだが、どう思われただろうか?

 

10代と同じくらい、60代がいるのが分かるだろう。

そして、50代もかなり多いのが分かるはずだ。

 

これでも少ない、と思う人もいるかもしれないが、俺の調べた中で、これ以上の60代率を誇る優良サイトは存在しない。

おそらくだが、ネット上で一番50代~60代が出会いやすいツールの一つが、このラブサーチという婚活・出会いサイトだと思う。

 

さらにいえば、50代~60代なら湯水のようにお金を使えるかと言うとそうでもないと思う。

婚活サイトは、一般的に月あたり1万円はとるし、入会金も10万単位でかかる。

 

しかしながら、ラブサーチは「月額定額制の出会い系」として紹介されていることも多く、非常に廉価だ。

月々3,000~4,000円で利用できるので、お財布にも優しい。(もちろん入会金は無料)

 

結婚のタイミングを逃したが結婚したい方、熟年離婚や死別されたがパートナーが欲しい方は、ラブサーチを検討してみるといいと思う。

俺も使っていたので、詐欺サイトではなくきちんと出会えることだけは保証する。

 

ラブサーチ

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事