マッチングアプリと言うのは、若者のもの。

 

「俺の婚活!マッチングアプリで真面目な出会い」などというブログをやっている身からすれば否定したいところだ。

しかしながら、これは正直、そうだ。一般的なものは

 

今回は「30代後半から40代に向くマッチングアプリならこれ!」をお送りしたい。

 

マッチングアプリは20代が半数以上

ペアーズにせよ、ウィズにせよ、マッチングアプリの大半は20代が半数以上。

確か、ペアーズは6割が20代で、タップル誕生は5割が20代だったと思う。

 

それ以外の年代も存在はするが、多くは30代前半までが占める。

おそらく、ほとんどのマッチングアプリで20代+30代前半だけで7割は超えるだろう。

 

そういう意味では、マッチングアプリは若い世代だけのものだともいえるかもしれない。

 

このままだと、40代以上は出会い系か婚活サイトで出会うしかない、ということになってしまいそうだ。

 

出会い系はアダルトも多いし、業者も多い。婚活サイトは婚活アプリ(マッチングアプリ)の数倍の価格だ。

せっかくマッチングアプリは出会い系のピュアな部分だけを抜き出した婚活に有用な存在なのに、もったいない。

 

40代でも使えるマッチングアプリがマリッシュ

しかしながら、30代後半どころか、40代、50代でも使えるマッチングアプリは存在する。

それがマリッシュだ。

 

マリッシュの評判・口コミの記事でも書いたのだが、マリッシュは珍しく年齢層が高いマッチングアプリだ。

 

その理由は、一つは「再婚活(バツがある人の婚活)」を大々的に打ち出しているアプリだから。

一度は結婚して、離婚しているわけなので、30代どころか40代も多い。熟年離婚もあるので、それ以上もいる。

 

もちろん、再婚活の方歓迎だからと言って、そういう人ばかりではない。初婚の人もいる。

しかしながら、「バツあり、子供アリ歓迎」という環境だし、自分と同じような中高年(しかも離婚歴アリ)がたくさんいる。

 

このような特殊な環境なので、40代、50代も登録しやすいのだろう。

これが、マリッシュに40代以上が多い理由の2つ目である。

 

マリッシュは中高年が多いと聞いて無料登録してみたが、実際に「自分の場違い感」がないことに気づく。

 

つまり、ペアーズやウィズでは「ここは若者専用ですよ」とばかりに20代しかいなくて、肩身が狭い思いをした。

しかしマリッシュでは、周りに同じような人がいるので有料会員になってみた、という人が多い。

 

婚活サイトを使う前にマリッシュを試してみよう

というわけで、30代後半だとウィズやゼクシィ縁結び、タップル誕生も捨てがたい(多くはないが、場違いとまではいかないため)のだが、40代以上なら迷わずマリッシュだ。

 

40代以降の婚活だと、婚活サイト・結婚相談所(楽天オーネットやツヴァイなど)を検討する人も多い。

しかしながら、それらの料金は目ん玉が飛び出るほど高く、入会に10万、月額1万が相場だ。

 

40代以上なら払える(余裕だ)というひともいるだろうが、痛手となる金額に感じる人も多いのではないかと思う。

結婚相談所(婚活サイト)というのは、あまたある婚活の中でも最終手段と言うか、結婚確率は高いがお値段はもっと高い、というものだと認識している。

 

その点、マリッシュなら入会金は無料だ。そのうえ、月当たりたった3000円で使える。

「いいね!」出来る数も俺の知る限りマッチングアプリで一番多く、いくらでも出会いが転がっている。

 

個人的には、マリッシュの無料会員になってみて、それから「マリッシュの有料会員にするか、婚活サイトを使うか」を迷ってみても遅くないのではないかと思う。

 

マリッシュ(marrish)を見てみる

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事