俺はいわゆるアラサーだ。

このタイトルの記事を読んでくれているあなたがもし俺と同年齢であれば、出会いという意味では大チャンスかもしれない。

 

今回はその理由を「30歳はネット出会いを全て利用可能な黄金期」として書いていきたい。

 

出会い方は年代によって違う

年代によって、出会いやすい出会い方と言うのは違ってくる。

おそらくだが、18歳くらいまではほとんどが学校での出会いになってくるのではないだろうか。

 

あとは、塾や習い事もあるかもしれないが、親の目もあり、付き合いづらいという人も多いだろう。

 

18歳から22歳くらいまでは大学や専門学校、短大などで学校の延長。

そして23歳くらいからが職場での出会い、ということになる人が多そうだ。

 

ただ、23歳くらいからというのが問題。

ここからの出会いは、ある人にはあるが、ない人にはない

 

出会いを自分で作り出す方法

というわけで、会社に同年代の異性がたくさんいる人間以外は、出会いを意識するようになる。

 

例えば合コンに行ったり、友達に紹介を依頼したり。

今はやりの街コンや相席居酒屋に行く人もいるだろうし、場合によってはキャバクラやホストなどに出会いを求める人もいるだろう。

 

さらに、婚活を始める人も多いだろう。

 

当サイトでも、タイトルを見ていただければわかる通り出会いを自分で作り出すには「婚活」をおすすめしている。

とくに、マッチングアプリを使った婚活だ。

 

ネット婚活であれば、出会いを自分で作り出すことが容易だ。

誰にもバレないし、数百万単位で会員がいるので自分ぴったりの人が必ず見つかるといっても過言ではない。

 

色々な条件を組み込んで検索し、好みの人にアプローチが出来る。

さらにマッチングアプリや出会い系であれば、婚活サイトとは違ってかなりコスパ的に安くあがる。

 

だから、当サイトではマッチングアプリや出会い系での出会いを推奨している。

 

マッチングアプリや出会い系が便利かは年代による

では、マッチングアプリや出会い系は最強なのかと言えば、それは年代による。

 

実はマッチングアプリの中心年代は20代。

例えば、マッチングアプリでも最も有名なペアーズの6割は20代で構成されている。

 

ペアーズのみならず、マッチングアプリの平均年齢はおそらく20代半ばだろう。

 

出会い系はもう少し広いが、やはり出会いを求めている20代~30代が多い。

こちらの平均年齢は30代前半くらいのイメージだ。

 

参考までに、以下は月額定額制出会い系ラブサーチの年齢構成だ。

やはり、30代前半が中心な感じだとわかっていただけるだろう。

 

 

30歳(アラサー)はネット出会いの黄金期

何が言いたいのかと言えば、マッチングアプリにせよ、出会い系にせよ、アラサーは「出会いの黄金期」だということだ。

 

あなたが女性で年上を求めているにせよ、あなたが男性で年下を求めているにせよ、30前後なら見つかる。

年齢構成のちょうどいいところにいるので、上にも下にも手が伸ばせる位置にいる。

 

もし、あなたが年齢にこだわらないならさらに素晴らしい。

25歳から35歳くらいまで、つまり「マッチングアプリや出会い系の会員のほとんど」をストライクゾーンに収めることが出来る。

 

あなたが30歳で、マッチングアプリや出会い系を使っていないならもったいない。

今使わないと、この後も使えないかもしれない。

 

あなたが30歳で、かつ「出会いがない」と嘆いているのなら朗報だ。

マッチングアプリや出会い系なら、出会いが必ず見つかるからだ。

 

俺は今まで何人もの人にマッチングアプリや出会い系を紹介してきたが、そこで誰にも会えなかったと言われたことは一度もない

(出会い系は業者の避け方などちょっとクセがあるので、そのあたりの指導は必要だが)

 

30歳は、ネット出会いの黄金期。

今、一番勢いのあるタップル誕生あたりでネット出会いの威力を試してみるといいだろう。(メッセージ交換以外は無料で使える)

 

※重要(2018年8月追記)

タップル誕生は出会いにくいため、現在は「マッチ・ドットコム 」に乗り換えた。

もちろん、「with(ウィズ)」は継続利用中。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事