俺の知り合いが結婚した。

 

その人は以前にいた会社での先輩にあたる人なんだが、30代後半と(俺より)結構年上の方だ。結婚願望はあるものの、若干諦め気味だったので、俺がマッチングアプリをおすすめした人だった。

 

この度、その人が結婚することになったとの報告をいただいたので、「30代後半を過ぎてマッチングアプリを使う意味」について書いてみたい。

 

30代後半から合コンや職場婚は減る。残りの手段は2つ。

30代も後半になってくると、仕事では主力として活躍するようになるが、恋愛の機会というのは目に見えて減る

 

例えば、一気に合コンに呼ばれる機会が減る。合コンが多い年代は20前半~30前半くらいまでなので、そこから外れてしまうからだ。

 

さらに、会社にも「近い年代の独身者」が減ってくるので、会社での出会いも期待できなくなる。同期会とかでも「子供の話」などが頻繁に出てくるようになるので、取り残された気分になってくる独身者も多い。

 

それだけではない。その他、あらゆる場で「きっと奥さんいるんだろうな(指輪ないけど)と思われる。そういう意味では、ありとあらゆる場での「恋愛チャンス」が減ってくるのが、この「30代後半」という年代だ。

 

実際に、この年齢になると結婚を諦めてしまう人も多い。しかしながら、結婚をあきらめるのにはまだまだ早い。(実際、婚活をしてみないと分からないことなのだが、実は40~50代で婚活している人も非常に多い。多いというか、もはや「普通に」と言ってもいいくらいナチュラルにいらっしゃる。サイト的には、ラブサーチとかだと特に多い印象だ)

 

この年代からの婚活には、2つの手段があると思う。

 

30代後半からの婚活。その2つの手段とは?

30代後半からの婚活には、2つの手段がある。そのうちの一つは、結婚相談所だ。

 

実は俺は結婚相談所も利用していたが、結婚相談所には「アラサー」というよりは「アラフォー」という人の方が多かったように思う。経験上、結婚相談所であれば、間違いなく自分と同年代の人たちとの出会いに巡り合えると思うので、気になるなら結婚情報比較ネット等で無料の資料請求でもしてみるといいだろう。(ここは、結婚相談所の名前を出さずに届けてくれるので、親などの同居人にバレたくない人にもおすすめ)

 

結婚相談所を使うメリットは、「同年代がいる」「みんな真剣」「イベント豊富」ということがあると思う。反対にデメリットは、「高額」ということだろう。入会金などの初期費用で10万はかかるし、毎月1万円くらいはとられる。まあ、この辺りは比較してみないと分からないので、先ほど言った「結婚情報比較ネット」とかで資料を取り寄せて迷ってみるといいと思う。

 

もう一つの手段が、ネット婚活だ。

 

ネット婚活には二つあって、「婚活サイト」と「婚活アプリ(マッチングアプリ)」がある。はっきり言うが、婚活サイトは先ほどの結婚相談所とメリット・デメリットが同じで、「結婚相談所のWeb版」だと思えばいい。だから、ここでは扱わない。

 

残ったのが、婚活アプリ(マッチングアプリ)。これが俺がおすすめしている婚活方法だ。婚活アプリのメリットは、「安い」「会える」「継続しやすい」ということだ。

 

まず、料金面で言えば、婚活サイトが月額1万円、入会金10万円をとってくるのに対し、婚活アプリ(マッチングアプリ)では2,000~3,000円の月額料金だけしかかからない。さらに、婚活サイトでは月に数人と会えればいいほうだと思うが、婚活アプリでも同じくらいは会える。相手の「結婚に対する真剣度合い」はさすがに婚活サイトには劣ると思うが、会いやすさは同等だ。

 

「安い」「会える」という特性が、もう一つの「継続しやすい」という特長を生む。月額1万もかかると継続もためらわれるのだが、2,000~3,000円であれば、飲み会より安いので続けやすい。さらに、定期的に出会いがあるというのはとても嬉しいものなので、モチベーションを保って婚活できるのだ。

 

婚活疲れの記事でも書いたのだが、婚活は続けていれば結果が出る。結果が出ないのは、経済的・肉体的・精神的にきつくなって、やめてしまうからだ。婚活アプリでは、通勤途中に「いいね!」を押すだけという、超省エネの婚活が可能だ。婚活が長期化した場合、婚活疲れしてしまう予感がする人は、最初から婚活アプリで行くべきだと思う。少なくとも、俺がもう一回婚活するなら、そうすると思う。

 

先輩、おめでとうございます。

というわけで、今、あなたに話したのと同じ内容を30代後半の先輩に話したのが、たぶん1年くらい前だ。そのころは俺も婚活中で、かつ「結婚相談所・婚活サイト・婚活アプリ・出会い系」を全て使った経験があり「婚活マスター」の気分だったので、かなり熱く語った覚えがある(笑)

 

その結果、先輩は忙しい人だったのもあり、ガッツリやる結婚相談所・婚活サイト系ではなく、俺が結婚したのと同じ婚活アプリの「with(ウィズ)」を選択した。当初はうまく女性とマッチングしなくて、「本当に会えるのか?」などと俺宛にラインのメッセージが来ていたのだが、次第にやり方が分かってきたようで、半年くらい前に彼女が出来たところまでは聞いていた。

 

それが今回、その彼女とめでたく結婚することになったとのこと。「先輩、おめでとうございます」と言う感じだ。(実際にそう返信した)

 

以上、今日は嬉しい知らせがあったので、報告させてもらった。もしあなたが30代後半であれば、参考にしてくれると嬉しい。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事