20代前半と言うと、個人的には出会い系サイトを使っていた。

 

当時は今よりもさらに、出会い系が会いやすかったのだ。

PCマックスやワクワクメール・ハッピーメール等は入れ食い状態だった。

 

しかしながら、今の20代前半の人たちは「恋活サイト」を使うことも多いよう。

ただ、「恋活サイト」は20代前半に向いているものと向いていないものがあるのだ。

 

今回は、「20代前半に向く恋活サイト、向かない恋活サイト」をお送りする。

 

20代が多い恋活サイトを選べ

20代前半に向く恋活サイトとは、そもそもどういったサイトなのだろうか?

それは、一言でいうと「20代が多い恋活サイト」だ。

 

なぜ、20代だからと言って「20代が多いサイト」なのか?

それは、20代が一番出会いやすいのが20代だからだ。

 

これは感覚でもそうなるとは思うが、データでも証明されている。

男性の9割が同い年~3歳年下までを好み、女性の9割が同い年~3歳年上を好むというアンケートが様々なところでとられている。(マイナビウーマン等)

 

年齢を指定できる恋活サイトでは、年齢が近い人から選ぶのが必然なので、その際に選択肢が多い方がいいだろう。

 

20代前半に向かない恋活サイト

逆に、今までのことから20代前半に向かない恋活サイトも分かる。

 

それは、いわゆる「婚活向け」に近いサイトだ。

今は、恋活と婚活の境目は薄く、「恋活・婚活マッチングサービス」などとうたうところも多い。

 

具体名を挙げると、マリッシュはそうだ。

ここは再婚活者OKなだけあって、バツイチ子持ち、つまり「一度結婚を経ている」人が多い。

 

それだけ再婚の意思も強い(だからこそ離婚体験を乗り越え登録した)ので、年齢層も高い。

登録してみるとわかるが、マリッシュの中心年齢層は、30代~40代だ。

 

あとは、ラブサーチなども20代前半の恋活には不向きだ。

俺は以前登録していたし、出会えなくはないが、20代は少なめ。

 

 

これをみると、20代は3割強と言ったところだろうか。

これは多いような気もするが、実は恋活という意味では少なめ。

 

最後に、20代前半に向いた恋活サイトをご紹介していきたい。

 

20代前半に向く恋活サイト:半分以上が20代

というわけで、20代前半に向いた恋活サイトを3つ厳選してご紹介しよう。

 

すべて、会員数の半分以上が20代の恋活サイトだ。

20代からすれば、本当に出会いやすいと思う。

 

ペアーズ(Pairs)

まずは、ペアーズ(Pairs)だ。

こちらは、株式会社エウレカが運営しているのだが、以前その社長のインタビューが載っていた。

 

その中で、「20代以上が6割」という発言があった。

これは半年ほど前の記事だったと思うが、現在でも年齢構成が激変しているとは思えない。

 

なので、ペアーズであれば20代前半の恋活にふさわしいといえるだろう。

 

Pairs

 

ウィズ(with)

次は、メンタリストDaiGoの心理テストで人気、株式会社イグニスの運営するウィズ(with)だ。

こちらは、実は「20代が5割を超えているウィズ側が出したデータ」はない。

 

しかし、アプリ内で調査すると女性の6~7割が20代。

とにかく客層(会員層)がペアーズと変わらないので、50%は間違いなく超えていると思われる。

 

個人的に俺自身がウィズで結婚していたりするので、そういう意味でも推している。

20代前半だけでなく、20代後半にもおすすめ出来るアプリだ。

 

恋愛・婚活マッチングサービスwith(ウィズ)

 

タップル誕生

最後は、サイバーエージェントの子会社であるマッチングエージェントが運営するタップル誕生だ。

 

タップル誕生は、年齢構成が特に若く、20代前半へのお勧め度という意味では最高だと思う。

女性で言えば、18歳・19歳が19%、20代前半が41%なので、なんと20代前半までで6割を占める。

 

さらにいえば、20代後半も2割はいるので、なんと20代までで8割を占める、超若者向けアプリなのだ。

20代前半であれば、タップル誕生を使わない手はない。

 

・・・まぁ、アラサーの俺が使っても十分楽しめているわけだが・・・

 

※重要(2018年8月追記)

タップル誕生は出会いにくくなったため、現在は「マッチ・ドットコム 」に乗り換えた。

もちろん、「with(ウィズ)」は継続利用中。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事