婚活サイトで、10歳上と付き合ってもいいのかどうか。

これを迷っている女性はかなり多いものと思う。

 

というのも、俺も結婚相談所でコーディネーターから色々話を聞いていたので分かるのだが、婚活サイトでは10歳差の結婚などめずらしくもないというか、よくあることだそうだからだ。

 

特に女性だが、かなり年上からのアプローチを受けている人もいるだろう。

今回は「婚活サイトで女性が10歳上と付き合うメリット・デメリット」を書いていきたい。

 

婚活サイトで女性が10歳上と付き合うメリット

まずはメリットからいこう。

 

10歳上なら精神年齢も上である

男としてよく思うのだが、女性のほうが現実的で、男性のほうがロマンチストだ。

こう書いてしまうと男性の方がいいと言っているように見えるが、精神年齢という観点から見ると別だ。

 

つまり、女性のほうが精神年齢が高く、男性は幼い。

もちろん個体差はあって逆もあるのだが、「多数は」という統計的な話で言うと、これは多くの人が実感していることと思う。

 

だから、同い年やそれに近いカップルだと女性が「男性の幼さ」に幻滅しやすい。

全然頼りにならないな、と感じてしまう。

 

しかし、10歳上だとさすがに別だ。

そこまで違えば、男性のほうが精神年齢が高い可能性はぐっと高くなる。

 

それであれば、「頼りになる大人の男性」を求めている女性にはぴったりの、成熟した男性との関係を築くことが出来るだろう。

 

10歳上なら経済的に安定している

次に、精神的だけではなく経済的に安定している場合が多い。

 

年功序列は薄れたとはいえ、まだある。

相手が勤め人なのであれば、10歳上なら自分より稼ぎがいい場合も多いだろう。

 

家庭によっては、夫婦間の喧嘩の話題が主にお金であることもある。

お金がないと荒んでくるのは間違いないし、子供を作るつもりなら教育上も良くない。

 

経済上の問題がないというのは大きなメリットになるだろう。

ただし、年上と言うだけでお金持ち・高給取りであるとは限らないので、よくよく確認すべきだろう。

 

話が幅広い

さらに、婚活サイトで10歳上を捕まえた場合、話の幅が広い可能性が高い。

 

10歳上といえば、どう考えても「年の離れた先輩」か、会社によっては「上司」だろう。

 

会社に勤めている人なら分かると思うが、こういう経験豊富な人は話の引き出しが広い場合がある。

「場合がある」と書いた通り、いつも同じ話しかしないダメな上司もいるが、すごい人は知識・経験の幅のレベルが違うのは、職場に恵まれていれば分かるだろう。

 

そういう人に巡り合えれば、自分も結婚生活で様々な話を聞け、さらには経験が出来、飽きない夫婦になれる。

話の幅が広い、話が面白いに越したことはないのだ。

 

婚活サイトで女性が10歳上と付き合うデメリット

次にデメリットだ。

 

10歳年上だと自分より早く他界してしまう可能性が高い

そもそも、男性のほうが女性より早く死にやすい。

平均年齢には10歳近い差があるのはご存知の方も多いだろう。

 

その上、10歳上の男性と付き合うと、どうなるだろうか。

そう、自分より20年近く早く死んでしまう可能性が高いのだ。最大のデメリットかもしれない。

 

(一応、具体的に書いておく)

結婚時、あなたは20歳、相手は30歳とする。相手が平均80歳で死ぬとしたら、あなたは90歳くらいだ。

相手が平均的な80歳で亡くなった時、あなたは70歳。まだ20年の寿命があるというわけだ。

 

おばあちゃんになって一人は無理!という方には、10歳上の男性はお勧めできない。

 

10歳年上だと子作りが微妙かも

これは、正直「女性が10歳上」より圧倒的にマシなのだが、男性も生殖機能は衰える。

 

なので、子作りが若い男性ほどは多くできない(例えば、毎日とか)可能性は高い。

その場合、子供が出来るのが遅れる可能性はある。

 

しかしながら、男性が60代で子供が出来た例は結構あるので、女性側の問題よりは小さいのは間違いない。

逆に、「女性が10歳上」は子作り的には相当厳しいことになるのが正直なところだ。

 

加齢臭(体臭・口臭)が気になる

これは男性だけではないが、加齢に伴い体臭がきつくなってくる。

いわゆる加齢臭というやつだ。

 

かなり個人差はあるが、10歳年上だとこれが気になる人も多いかもしれない。

このあたりは、(臭いも、ニオイを気にするかどうかも)個人差が激しい分野なので、付き合っているときに確認した方がいいかもしれない。

 

あまりにひどい場合、子作りする意欲自体が削られる可能性もある。

 

婚活サイトで女性が10歳上と付き合うことのまとめ

というわけで、今回は婚活サイトで女性が10歳上と付き合う際のメリットとデメリットを書いてきた。

 

「愛さえあれば」と言う考え方もあると思うが、実際にはこれらのメリットとデメリットを踏まえた方が、「こんなはずじゃなかった!」を避けられると思うので、参考にしてほしい。

 

※重要(2018年8月追記)

タップル誕生が出会いにくくなったため、現在は「マッチ・ドットコム 」に乗り換えた。

もちろん、「with(ウィズ)」は継続利用中。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事