1人での出会いに抵抗があるというか、そもそもどうしたらいいのか分からないという人が多いようだ。

 

自分はどちらかといえば、合コンやら友達の紹介やら、誰か「出会いを助けてくれる人」がいる出会いよりも、自力で出会うほうが経験も多いし、気楽なのだが、普通はそうでもないらしい。

 

今回は、「1人での出会いならネット1択」をお送りしたい。

 

1人では出会えない?

そもそも、出会いというのは「異性に会う」ということだ。

そこには、一般的に、何らかの「場」や「人間関係」が必要だ。

 

会社で出会う、学校で出会うというのは出会うための「場」があるということ。

そして、合コンや友達の紹介であれば、出会いに結び付けるための「人間関係」があるということに他ならない。

 

そういう意味では、「世間一般的な、伝統的な出会い」というのは、1人では成り立たないとわかる。

何らかの場に属していたり、人間関係がある人のみが出会いを享受できるというわけだ。

 

現代ならば1人でも出会える

ここまでお話してきたとおり、一昔前までであれば、「場」か「人間関係」は必須だった。

しかしながら、そもそもあまり人付き合いが好きでない等の理由で、「場」や「人間関係」が薄い、という人もいるだろう。

 

何を隠そう、俺自身がそういう人間だ。

 

所属する「場」はあるといえばあるのだが、あまりちゃんと属している感じではない(笑)

さらには、人間関係もあまり濃厚になるのは嫌だという性分だ。

 

飲み会も、あまり行かない。

あらゆる誘いは断るのがデフォルトだ。

 

それでいて、「異性との出会い」は欲しいのだから、我ながら都合がいいことを考えるな、と思う。

しかし、現代ならば「1人での出会い」が存在する。都合のいいことが、存在するのだ。

 

コミュ障でもできるネット出会い

その「都合のいいこと」というのは、ネット出会いだ。

ネット出会いなら、「場」に属していなくても、または「人間関係」が希薄でも、出会うことが出来る。

 

試しに、場に属しておらず、人間関係が希薄な人間…

例えば、やや引きこもりがちのニートを思い浮かべてほしい。(本当に何年も引きこもっている人ではない)

 

こういう人でも、SNSや出会い系を駆使して出会った、という話はよくある。

実際俺自身が、「女性版の引きこもり」にSNSから出会ったこともあるのだ。

 

考えてみると、やることは複雑ではない。

ネット上で「少し」親しくなり、「会おう」という約束をするだけだ。

 

会ってから仲良くなれるかは分からないが、会うまでならコミュ障でもできる

 

これはあまり言いたくないが、ネット出会いではややコミュ障気味の人に出くわすこともある。

俺が会う場合は(当然ながら)相手は女性だが、もちろん男性版もいることだろう。

 

1人での出会いはネット一択。その中でも…

というわけで、1人でも開拓でき、「出会う」ところまで持ち込めるのは、インターネットを介した出会いになる。

 

ネット出会いには、SNSや出会い系、マッチングアプリ等がある。

得意なものがあれば、もちろんそれを利用してほしい。

 

しかしながら、もし「どれも出会いに使ったことがない」という場合には、マッチングアプリ(婚活アプリや恋活アプリともいう)をおすすめする。

 

SNSは使ったことがある人は多いだろうが、出会いツールではない。

それなので、SNSで出会うにはテクニックが必要だ。

 

出会い系は出会いツールだが、(おそらくご存知の通り)業者やサクラがあふれた世界だ。

なので、やはりそれはそれでテクニックが必要なのだ。(だからこそ、「出会い系攻略サイト」なるジャンルがある)

 

優良マッチングアプリなら、サクラはいない。

業者も出会い系の1/10もいないだろう。

 

攻略テクニックがなくても、出会えるのがマッチングアプリのよいところだ。

もちろん詐欺アプリもあるので、最初は大企業が運営する優良マッチングアプリがいいだろう。

 

サイバーエージェントの子会社、マッチングエージェントの運営する「タップル誕生」あたりは、最初のアプリとしては最適だ。

メッセージ交換にいくまでは無料で使えるので、興味があれば試してみるといいと思う。

 

※重要(2018年8月追記)

現在はタップル誕生から「マッチ・ドットコム 」に乗り換えた。

もちろん、「with(ウィズ)」は継続利用中。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事